フォト

川田裕美アナ(読売テレビ)

最近のトラックバック

« チャレンジ富士五湖結果【速報】 | トップページ | チャレンジ富士五湖【準備編】 »

2011年5月 3日 (火)

チャレンジ富士五湖【レース編】

レース終了後の速報版でお知らせしたとおり、初ウルトラとなるチャレンジ富士五湖での100kmを無事完走することができました。

結果は、13時間57分42秒と制限時間(14時間)ギリギリでのフィニッシュとなりました。
レース後、レース翌日は「もうええわ」「堪忍して」と、決して次回は無いという意味ではないものの、今後のウルトラに関してはイメージがわきませんでした。
しかし、レースから2日、3日経つと、「最初のペースが遅かったな・・・」「エイドで休憩しすぎたな・・・」「やっぱり、明るい時間帯にフィニッシュしたかった・・・」等々、何となく来年はもっと・・・という気持ちになっているのが不思議ですね^^

私と同じく100kmを走られた皆さん、もっと長い112kmを走られた皆さん、そして72kmを走られた皆さん、おつかれさまでした。
また、各エイドや沿道等々の関係者、スタッフの皆さん、私設エイドの皆さん、移動しながら声援を送ってくださったロードバイクの皆さん、その他応援してくださったすべての皆さん、ありがとうございました。

以下、簡単にではありますが、自分自身の走りを振り返ってみたと思います。

初の100kmということで、走り切れるのか、ペース配分をどうすればよいのか、後半身体がどんな状態になるのかわからない状況でのスタートでしたが、意外に?淡々と距離が進んでいく感じでした(と同時に、思っている以上に時間も過ぎていきました。。。)。

序盤ですが、快晴の中、キレイな富士山の写真を撮りながらのゆっくりRUN。
慣れない携帯からのブログを更新をしながら、また何度行ってもトイレに行きたくなる状況の中、予定していたキロ7分ペースからはかなり遅れ、10km通過が1:19:15。
良い意味でのリラックスではなく、緊張感に欠ける感じではありましたが、後々のことを考えると、寄り道したとはいえ、ペースが遅くなったのがよかったんかも???。。。

特に意識的にペースを上げることもなく、富士五湖の1番目山中湖に。
「ここ1周走るんかい!」とdownになりながらも、身体も心も落ち着いてきていたため、淡々と山中湖をクリア。

最初の関門(27.6km)には関門閉鎖8分前に到着。
「エッ???8分前???」とビックリ。
初めてとはいえ、関門の時間を意識して走ることは想像していませんでした。
エイドでは水やスポドリ、コーヒーや紅茶、バナナ、塩etcをはじめ、いろいろとご馳走になりましたが、ここでのクリームパン(普通のクリームパンですが)は美味かった!

ゆっくりペースとはいえ、徐々に疲労が溜まっていくものの淡々と進んでいき、38.4kmのエイド。
ここではおにぎりが美味しかった~^^
「ノリコのおにぎり」と言うらしく、エイドのお兄さんのお母さんが作られたそうです。
「理屈じゃないよ」「食べたら感想言ってね」「また食べたくなったら来年だよ」etcと。
黒ゴマがかかったフツーの俵おにぎりですが、そのまま食べても、塩や味噌をつけても美味しい。確かに、理屈じゃなく美味しいんですよね。
高くて美味しいものはたくさんありますが、シンプルやけど何よりのご馳走ですね。
4個いただきました。ご馳走様でした!

お腹も心も満たされ、しばらくすると河口湖大橋を渡り、42kmを過ぎ、私にとっては未知の距離に突入です。
ペースは一定?ですが、特に問題もなく、50kmの中間点を通過(6:09:47)。
一応、50km通過は6時間以内でと思っていたんで、許容範囲ではありますが、実際は5時間45分前後あたりでと考えていたんで、ちょっと遅いかな???と不安に。

そして、51.6kmの第2関門(西浜小・中学校)に到着。
ここは、2か所ある着替え等の荷物を預けれるポイントの1つです。
預けていたドリンクやカステラ、バナナ等々を補給し、シューズ、ソックス以外のウエアを着替えましたが、50km走ってきた状態でバイオギアのタイツに履き替えるのに大苦戦^^

着替えも終了し、出発しようとしたときに「あと2分です」とエイドに向かってくるランナーに声をかけるスタッフの声が。。。。。
???と思い、看板を見ると、ここの関門閉鎖が12時、次の関門(69.8km)の閉鎖が14時半・・・。
前述の最初の関門もすでしたが、関門に引っかかるような状況になる姿は想像していなかったため、各関門の閉鎖時間や距離などは全く見ていませんでした(反省!)
つまり、2時間半で18kmを走ることができなければ、次の関門でアウト!
フツーなら何でもないところですが、現状を考えると、アップダウンもあるし、油断すれば危ないということで、ここで良い意味での緊張感を持つこととなりました。
結局、このエイドで30分以上滞在し、友人・知人の方々にはご心配をおかけしましたが、レース中のブログの更新もここが最後となりました。

次の関門までは、西湖、精進湖を走るんですが、無理に走ることがマイナスとなりそうな上り以外は気を抜くことなく、とにかく走り続けます。
このあたりまで来ると歩いている方も多く、走っておられてもパスしていくほうが多かったため、気持ちも高ぶり、ある程度の余裕を持って関門を通過できそうな雰囲気に。
が、しかし、関門数キロ前で何故か心が折れそうになります。
疲労以外の痛みがあるわけでも、急な上りがあるわけでもないのに、フラットなところでも何故か歩いてしまいました。
20分ほどは作れると思っていた貯金をみるみる使い果たし、ついには関門通過自体が怪しくなってきます。
「関門はいけるやろけど、次アカンやろし」とか「完走メダルもらえへんな」「フィニッシュできへんかったら大阪帰られへんな」・・・・・マイナス思考になりながら、閉鎖4分前に到着。

次はダメやと思って看板を見ると、次の関門は81.2km(17:00)。
ギリギリ到着とはいえ、11kmちょっとを2時間以上かけて走ってもOKということで、急に元気に!
ここも着替え等の荷物を預けることができるエイドのため、準備していたカステラやバナナ、カロリーメイト等にがっつき、最後はリーダー(渡辺正行氏)を彷彿させるようなコーラの一気飲みをし再スタート。

諦めかかけたフィニッシュが現実のものとなりつつある状況があったとはいえ、不思議ですが70kmを過ぎると、「あと30km’だけ’走ればエエんや」と普段では考えられないようなことを考えるようになり、ダラダラ上りは上っているんかフラットなんかもわからんくなってました。
また、このあたりでも抜いていくほうが多くなるし、ペースはともかく、脚は残っているということで、90kmのエイドまでの20kmの間は一番充実してたかも???
ただ、脚は残っているのは感じていながらも、経験がなく、先がどないなるかわからんので、調子乗ってペース上げて、すぐにガス欠、完全に脚が止まった!とならんように、一定のペースを心がけました。

81.2kmの関門は余裕を持って通過し、戻ってきた85.9kmの西浜小・中学校のエイドはスルーし、とにかく先を急ぎます。
90km手前では沿道で応援されていた福田六花先生とハイタッチし、90kmのエイド到着。
キロ10分でもフィニッシュできる状況でしたが、トイレ待ちなどで結構長居してスタート。

94.8kmの最終関門(18:20)は、ラストが上りやということを考えると、できれば18時には通過したいところですが、この間の約5kmのとにかく長いこと。これまでと違い、なかなか辿り着けません。
「もしかして気づかんうちに通過したんかな?(←そんなことはあり得ない)」と思いつつ、最終関門を通過し、ラストの地獄の上りに突入。

最後の5km、残り時間を考えると、歩きメーンでいけるのか、RUNメーンのほうがよいのか等々、時計を見ながら決断を迫られた場面でした。
動かない身体に鞭打って走ってみると歩いている方と変わらない、なら歩こうと早歩きしてみると、歩いている他の方に抜かれていく・・・・・ということで、頭の中はパニックに。

残り3km地点で18時半、30分で3km・・・・・・。
元気なら歩いても間に合いますが、想像以上に歩けてない、かと言って走るパワーもないということで、諦めかけていたラスト2kmあたりで、同じように歩いていた男女3人組の「ラスト、下りになったら走るよ!」という会話が耳に。
「ラスト、下り」・・・・・、高低図もテキトーにしか見てなかったんで、ラストは下りになることも知りませんでした。

その言葉を聞いて、ヘロヘロと走り出すと、確かに下り始めます。
元気が出ます、周りのランナーも一斉に走り出します。
沿道の方々もギリギリなのはわかっているんで、「間に合うよ」「おかえり」「ここで諦めたらもったいないよ」と応援してくれます。
赤信号で止まろうとすると、「俺らが見てるから大丈夫や、赤でも行け!」と交通ルール遵守なので本当はダメなんですが、温かい声援を送ってくださいます。
ラストの1km強、多分それほど速くはないんでしょうが、私も周りの方も物凄いペースで走っている感覚です。

公園内に入り競技場内までは、沿道からの物凄い応援の中、主役になれる瞬間でした。
本当はもう少し明るい時間に、一人フィニッシュテープを切っている姿を想像していましたが、時計に追われ、テープも間に合わず、10人ぐらいが??なだれ込むフィニッシュとなってしまいました^^

ウルトラマラソンはいつかは走ってみたいと思っていましたが、他人事で、まさか自分がこの時期に走るとは、完走できるとは考えていませんでした。
今回走っただけで、身体が強化されるわけではありませんが、今後、フルやハーフを走る際に心の余裕?みたいなものはできるのではないかと感じています。
ゆっくり休みたいところですが、少し自信ができ、モチベーションの高い今が大事やと思うんで、8月の北海道マラソン、そして秋冬のレースに向け、少しずつ始動していきたいと思います。

長文になりましたが、次回は、ウルトラ初挑戦するに当たって、服装や準備物等、不安に思ったこと、そして実際に走ってどうだったかということなどを、今後初めて走られる方の参考までに書きたいと思います。

Img_00472

Img_00512

※ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。もしよろしければ、下の2つのバナーを1クリックずつ、ポチッとよろしくお願いいたしますdownwardleftdownwardright

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村人気ブログランキングへ

« チャレンジ富士五湖結果【速報】 | トップページ | チャレンジ富士五湖【準備編】 »

大会結果・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537462/51571259

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ富士五湖【レース編】:

« チャレンジ富士五湖結果【速報】 | トップページ | チャレンジ富士五湖【準備編】 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキングサイト

人気ブログランキング

出場予定レース&レース結果

  • 2月19日(日):泉州国際市民チャリティーマラソン【フル】
  • 2月5日(日):香川・丸亀国際ハーフマラソン【ハーフ】
  • 1月29日(日):大阪ハーフマラソン【ハーフ】※エントリー開始前
  • 12月18日(日):防府読売マラソン【フル】
  • 11月27日(日):つくばマラソン【フル】
  • 11月20日(日):神戸マラソン【フル】
  • 11月13日(日):赤穂シティマラソン【10km】
  • 11月6日(日):大阪・淀川市民マラソン【ハーフ】
  • 10月23日(日):和歌浦ベイマラソンwithジャス【ハーフ】 or 高島平・日刊スポーツ・ロードレース大会【10km】
  • 10月2日(日):福井マラソン【ハーフ】
  • 9月4日(日):セプテンバーえきでん【3区3.7km】→≪中止(台風の影響)≫
  • 8月28日(日):北海道マラソン【フル】→≪結果≫4時間42分29秒

  • 8月17日(水):大阪城公園ナイトラン【10km】→≪結果≫49分59秒

  • 7月24日(日):南越前町花はす早朝マラソン【10km】→≪DNS≫
  • 6月22日(水):大阪城公園ナイトラン【10km】→≪結果≫47分48秒

  • 6月5日(日):わかさあじさいマラソン【10km】→≪結果≫48分27秒

  • 5月15日(日):高橋尚子杯ぎふ清流マラソン【ハーフ】→≪DNS(コンディション不良のため)≫
  • 5月8日(日):鯖江つつじマラソン【ハーフ】→≪結果≫1時間47分07秒

  • 4月30日(土):チャレンジ富士五湖【100km】→≪結果≫13時間57分42秒

  • 4月17日(日):長野マラソン【フル】→≪中止≫
  • 4月3日(日):福井駅前マラソン【ハーフ】→≪DNS(体調不良のため≫
  • 3月20日(日):鳥取マラソン【フル】→≪DNS(仕事のため)≫
  • 3月6日(日):くまとりロードレース【10km(実測約11km)】→≪DNS≫
  • 2月20日(日):泉州国際市民マラソン【フル】→≪結果≫3時間47分52秒

  • 2月13日(日):坂出天狗マラソン【15km】→≪DNS≫
  • 2月6日(日):丸亀国際ハーフマラソン【ハーフ】→≪結果≫1時間40分47秒

  • 1月30日(日):大阪ハーフマラソン【ハーフ】→≪結果≫1時間40分6秒

  • 1月23日(日):高槻シティ国際ハーフマラソン【5km】→≪結果≫21分22秒

  • 1月 1日(祝):亀岡元旦ロードレース【10km】→≪中止(雪のため)≫

検索ワードランキング

  • レンタルCGI
無料ブログはココログ